婚約の証だからこそこだわる!?婚約指輪をオーダーメイドしたいときに役立つ豆知識

このサイトでは婚約の証だからこそこだわりたい、婚約指輪をオーダーメイドしたいときに役立つ豆知識をご紹介しています。
婚約をする相手にプレゼントする世界に1つだけの指輪を手に入れたい場合には、押さえておいて損のない内容となっています。
エンゲージリングの注文制作を依頼するときは、重ね付けも考慮したデザインがおすすめです。
注文に応じて制作されるエンゲージリングに使われる、人気の宝石はどのようなものかも解説しています。

婚約の証だからこそこだわる!?婚約指輪をオーダーメイドしたいときに役立つ豆知識

婚約指輪をオーダーメイドで作りたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
婚約指輪作りではオリジナルのデザインにこだわることができますが、素材の種類や質、デザインなど全ての点にこだわっていると価格が高くなりがちです。
しかしこだわりたい点と妥協できる点の優先順位を付けることで、予算に合わせた婚約指輪をオーダーメイドで作ることができます。
婚約指輪を依頼するときには予算をあらかじめ決めておくと良いでしょう。

オーダーメイドの婚約指輪を作る前に把握しておきたいサイズ直し

男性にとってプロポーズとは一世一代をかけた大勝負であることは間違いありません。
愛する女性が求婚を受け入れてくれるか否かで、その男性の人生は大きく変わっていくので大勝負であると言っても過言ではないんです。
是が非でも女性に求婚を受け入れてもらいたければ、それなりの婚約指輪を準備しておかなければなりません。
女性を魅了し心をとらえてやまない婚約指輪を購入したければ、オーダーメイドのエンゲージリングがお勧めです。
ルース選びに台座素材の選択、デザインに至るまでカスタマイズでき、そして制作までにも時間と手間暇がかかるので男性に気持ちや誠意が伝わってきてより一層女性が喜んでくれるのです。
ただし、オーダーメイドでエンゲージリングを作る前には、サイズ直しに関しても心得ておく必要があります。
エタニティーのようにメレダイヤモンドがリングの円周全てに埋まっている場合には、サイズ直しがしにくく、直しが出きたとしても時間と費用がかさむのです。
また店舗によってサイズの直しの無料サービスがある店とない店があるのでその確認も忘れずにしましょう。

オーダーメイドの婚約指輪も年数が経過するとサイズが合わなくなることも

男性は相手の人生を背負う覚悟でプロポーズに臨みます。
しかしながらその求婚をうけ入れてもらうことができるのか、不安が付きまとい非常にプレッシャーが強いられるんです。
なんとしてでも求婚を彼女に受け入れてほしければ、それなりの婚約指輪を準備して臨む必要があります。
高価なダイヤモンドがあしらわれたエンゲージリングを差し出され求婚されると、男性の真剣度や愛の大きさを感じ思わずそれを受け入れてしまう女性も少なくありません。
中でもオーダーメイドであると、男性の切なる気持ちが込められていて、非常にかけがえのないアイテムになること間違いありません。
だがオーダーメイドのこんやく指輪であっても、年数が経過し女性も大家なども変化してその指輪のサイズが合わなくなることもあるんです。
そのため婚約指輪を購入する際には、サイズ直しなどアフターケアが充実している歴史の長い老舗の宝石店で購入することをおすすめします。
定期的に婚約指輪のクリーニングなどを行ってもらうと良いでしょう。

オーダーメイドの婚約指輪は世界に一つだけのアイテムになる

現代は様々な人のそれぞれの価値観や好み、感性などが尊重される時代になってます。
そのことは結婚式や葬儀のやり方などを観れば一目瞭然で、その人の個性や価値観を反映したものがたくさん見られるようになってるんです。
そのことは婚約指輪においても同様のことが見られます。
かつてエンゲージリングと言えばダイヤモンドのルースでなければいけないとの見方が強く、人々の多くがダイヤモンドのエンゲージリングを購入しました。
だが最近では誕生石のルビーやパール、サファイアをあしらった婚約指輪なども人気になり、あえてそれを選ぶカップルも増えてます。
さらにオーダーメイドで作る人も多くなり、世界で唯一無二のアイテムになりカップルにとってかけがえのないものになってるんです。
オーダーメイドであれば、ルースだけでなくデザインも自由自在に好みに合わせて作ることが出来るんです。
リングの内側に愛の言葉や互いの生年月日を各印するのも素敵です。

オーダーメイドの婚約指輪に刻印を入れるときにはプロポーズの日付もおすすめ

女性の中にはプロポーズをことのほか重要視している人も多いです。
男性に膝をついて、エンゲージリングを差し出され求婚されることは、まるで自分がシンデレラになったような感覚になることが出来憧れを抱いている人が非常に多いのです。
これにこたえるべく、男性は婚約指輪選びを慎重に行わなければいけません。
プロポーズを華やかに忘れられない瞬間にするには、それなりのゴージャスなエンゲージリングが必要になります。
ダイヤモンドの評価基準であるダイヤモンドの4Cを把握し、予算の中でできるだけ高水準に満たしたダイヤのルースを選ぶことが大事です。
そしてリングの内側に互いのイニシャルや、求婚した日付を入れるのもお勧めです。
女性はことのほか記念日を大事にするので、日付がはいっていることでより特別間のある婚約指輪になるわけです。
さらに台座などにも拘り、日常使いしても劣化しにくい強度の強いプラチナ代などにすることも大事なのです。